中退就職

中退者にオススメ就職サイトランキング - 就職成功を目指す方必見

リクナビNEXT 「中小企業の求人が多い」


最も利用者が多い就職求人サイト

職歴・学歴を問わず利用できるので中退者も使いやすい。アルバイト経験しかない方でもアルバイトの作業内容を職歴として書くことが可能で、企業からのオファーもあります。  職種も豊富に掲載されており、大手企業から中小企業まで幅広く求人案件が紹介されていますので、志望職種の求人が見つかります。




評判:

大学を中退して、仕事を始めようと思った時に、求人サイトをいろいろ利用してみました。使って見た中で一番求人が多く、未経験者可の求人もあるリクナビNEXTが使いやすかったです。(20代 男性)



学歴不問でそれなりにいい求人を見つけるならここが一番ですね。anレギュラーとかでも探してはいますがそんなに大したものありませんし(20代 男性)



職歴はなく年齢も若年層だったのですが、大学中退だったのでリクナビNEXTを利用しました。さすがに転職サイトだけあって、求められるスキルは高めです。そんな中、若年層をターゲットにしているであろう求人を発見。応募したところすんなり採用されました。念願のインテリア関係のお仕事なので満足です。転職サイトだからといってフリーターや職歴がない人の求人が全くない訳ではないですよ。個人情報保護にも力をいれているらしく、安心して利用できました。(20代 女性)



事務所が突然の閉鎖。40歳過ぎ、独身、職歴は事務だけ。書類審査さえ通らないことばかり。派遣も考えましたが、将来のことを考えるとどうしても正社員でという気持ちが強く、リクナビNEXTに登録しました。リクナビNEXTに登録したのは、公開求人数がNo.1だからです。やはり何度か書類落ちはしましたが、やっとの思いで内定をいただきました。事務経験が長く、30歳以上の落ち着いた人物を採用したかったと後から聞きました。とにかく求人数が多いので、不利な条件であってもマッチする仕事が必ずあると感じました。リクナビNEXTには感謝しています。(40代 女性)



利用したいけれども社会人経験がなく、自分にとっては技術不足な求人が多い。ただ登録をするとスカウトメールやオープンオファーメールがくるのでありがたい。今のところ希望する求人のオファーがなく、受けてはいない。各種求人サイトを利用しているが、リクナビNEXTが一番使いやすいと感じている。(30代 男性



高校を中退してしまって、就職活動をしている中、リクナビNEXTに登録してみました。ココだと学歴不問の求人もあって、なかなか良かったです。でも、中卒だから採用までたどり着くことは難しかったですね。ハローワークなど公共機関も合わせて利用することをおすすめします。(10代 男性)



リクナビNEXTとはたらいくの両方を利用しました。私にはリクナビNEXTはちょっと敷居が高い気がしました。応募要項を満たす求人が少なく、残念な気持ちになることが多かったです。はたらいくの方が応募できる求人が多かったです。ですが仕事内容や待遇で惹かれる求人が多かったのはリクナビNEXTです。(20代 女性)


無料で転職情報を提供しているリクルートエージェント  20代〜30代で、営業職やIT・WEBエンジニア系に、好条件で転職できる、有利な求人情報を有しています。リクルート独自の優良企業との太いパイプを存分に発揮し、好条件の非公開求人も、他社の転職サービスよりも遥かに上回る数をご用意しています。また、業界に精通しているキャリアコンサルタントが、書類選考や面接に向けての必勝法やノウハウを100%伝受してくれるので、内定対策もバッチリです。面接から内定まで全ての工程を支えてくれる、心強い無料転職情報サービスと言えるでしょう。



リクルートエージェントの口コミ評判:

リクルート系の無料転職サービスは何度か利用した事があり、今回はIT業界への転職に興味があったので、リクルートエージェントを利用しました。非公開求人では、どこの転職サービス会社でも得られない様な、優良企業の求人が沢山あり、キャリアコンサルタントの助言で、久しぶりの面接もバッチリでした!



営業職への転職を希望している為、今回はお世話になる事に決めました。当方大学中退ではありますが、丁寧な面接指導や内定対策の相談に親身に乗ってくれたので、安心して面接に挑む事が出来ました。 (20代 女性)



営業職での転職を希望、新しいサービスにチャレンジしたいという思いから、登録してみました。知人からの勧めでしたが、自分でも名前の聞いた事のある優良企業の求人が沢山出ており、やはり他の転職情報サービスとは一味違うな、と感じました。大学中退という経歴ではありますが、リクルートエージェントで見つけた求人に、今回無事内定が決まりました!ありがとうございます。


マイナビエージェント


マイナビエージェントは豊富な求人情報が売りの有名就職サイト

 一般的には、なかなか就職するのに難しいとされている、高校中退、大学中退などの学歴の方でも、就職ができることでも定評の有る就職サイトです。実際に高校中退した私もここでお世話になり、就職することができました。友人も高校中退なのですが、専門職だったためかすぐに見つけることができました。業界別のキャリアコンサルタントが、バックアップしてくれますので、安心して就職に打ち込むことができます。今、就職したい方には一番お勧めしたい就職サイトだと思います。
 あなたが実際に、就職できるまでをきちっとバックアップしてくれます。また、悩んだときには、担当の方とも相談できます。職種で探すもよし、希望の条件で探すのもよし。サイト自体もとっても使いやすく、見やすいので、初めての方や、年配の方でも操作しやすいと思います。マイナスが一つもない就職サイト、それがマイナビエージェントです。




評判:

同じく高校中退した友人から誘われて登録しましたが、簡単に就職することができて、自分でも驚いています。



大学中退がネックとなり今までどうしても就職することができず、バイト暮らしでした。マイナビエージェントで、就職でき、とても充実した毎日です。



高校中退し、どうしようか悩んでいたときにマイナビエージェントを見つけました。就職に、有利だと聞いているので安心です。



こないだ登録したばかりですが、サイトが見やすく使いやすい。高校中退でも仕事が見つかると聞いたので、安心です。


はたらいく


地方の求人情報までばっちりサポート

各都道府県の中小企業に特化した就職サイトです。各職種ごとにわかりやすく情報を整理してあるため非常に求人を探しやすく、フリーターや未経験歓迎といった積極的な求人も数多く存在します。
 履歴書など必要書類の書き方や、面接で好印象を与えるための心構えなどの情報も充実しているため、就職活動を行うのならまずここから、とオススメできる優れた就職サイトです。



はたらいくの口コミ評判:

地元の求人が見つけやすくて助かる。大学中退っていっても最終学歴高卒と同じようなもんだし他サイトじゃ求人見つけづらいんだよねぇ〜(10代 男性)



地方の大学を中退して、そのまま、その地で就職しようと思っていました。地方に強い求人サイトとCMでも言っていましたので、はたらいくに登録しました。実際に地方の求人もあり、スマホでも利用できるから、便利でしたよ。 (20代 女性)



らいく機能は利用しやすいと思います。直接電話等で連絡を取らなくても、「私はあなたの企業に興味があります」って意思表示できます。それからレジュメを見てオファーがきますし、就職成功の手段として活用しないのはもったいないですね。他の求人サイトもこのような機能はあるみたいですけど、自分から企業に意思表示できるのは、はたらいくだけだと思います。 (20代 男性)


中退をもろともしない!就職お役立ち情報まとめ

中退から就職を目指すのであれば、大きく分けて二つの手段があります。
正社員を目指して企業にエントリーしていく、いわゆる正攻法の就職活動です
 正攻法で採用さえされれば即正社員となれるわけですから、ゴールははっきりとしています。ただ、採用されるまでひたすら就職活動を続ける根性と、そのための資金は必要となるでしょう。
アルバイトや派遣として働き、正社員登用制度を利用します
 こちらは実際にその職場で働き、正社員登用を目指します。どのような仕事なのかも把握できるのはもちろん、給料もいただけますが、いつ正社員になれるのか?そもそも正社員として雇ってもらえる保証はあるのか?といった不安要素もあります。

 ただ、これら二つの方法は両立が可能です。アルバイトや派遣として働きつつ、就職活動も行う、というのがベストでしょう。  当サイトでは就職サイトやアルバイト・派遣求人情報サイトを紹介しておりますので、少しでも皆様のお力になれれば幸いでございます。

 

コラム

 将来への明確な目標がないまま進路を選ぶ人が多いことから、専門学校や大学、大学院を中退する学生が年々増加しています。

 中退する理由には、意識やモチベーションの低下、経済的事情や家庭の問題、学校の雰囲気や環境に馴染めない、新たな目標が見付かり転学を希望するなどいろいろ挙げられます。転学など将来を見据えた上での中退はともかく、ネガティブな理由で中退される方も少なくないのが現状です。

 中退すれば、悶々としていたものは一瞬解消されるかも知れませんが、中退者のその後に待ち構えているのは就職活動です。その際にどうしても中退という事実が壁となってしまい、積極的に就職活動に挑めないのが実情です。採用側には根気がない人、継続する力のない人と捉われてしまいがちです。

 履歴書に大学中退と書くべき、高卒に留めておくべきか迷うところですが、中退でも大学に通っていたことをアピールする方が有利な場合もあります。中退した理由について前向きな考えならそれをアピールしましょう。反対にネガティブな理由であれば簡潔にまとめて、中退から就職に至るまでの経緯をプラス思考で記載するのが良いでしょう。  

中退しているからとはいえ、就職活動の方法は新卒者と変わりありません。ただ、新卒者だと大学内の就職課で情報収集できたり、周りの仲間と情報交換できたりするのですが、中退者となると情報収集がスムーズではありません。そのため自ら積極的に情報収集する必要があるのです。ハローワークを利用するのも良いですが、求人情報サイトを利用するのも効率的です。新卒者が集まる有名サイトはどうしても中退者が不利になってしまいがちです。採用率を上げるためにも複数の求人情報サイトに登録しておくと良いでしょう。中退者が利用できる求人情報サイトもたくさんありますから、そういったところに的を絞って登録してみましょう。

 大企業では残念ながら中退者を採用したいと考えているところは少ないでしょう。最小コストで最大の効果を望んでいるのが企業側ですから、新卒者を採用したいと思うのは当然のことです。ただ、全ての企業が新卒者だけを採用するとは限りません。中小企業が大企業と同じような採用方法だと、一人も優秀な人材を確保できないという可能性だってあります。新卒者の中には大企業への就職を目指して留年する人もいて、現実問題として中小企業が人材不足に陥っています。そこで中退者が目指すのが中小企業への就職です。どうしても大企業を目指したい方もいらっしゃるかも知れませんが、それは次のステップとして転職で考えてみてはいかがでしょう。転職の場合は35歳くらいまで可能性がありますから、中小企業でスキルアップして優秀な人材となり、大企業への転職を目指してみてはどうでしょうか。